あなたの健康はお金で買えますか・・・? 夏のエアコンは「ドライ」「冷房」「送風」のどれがよい? 知っておきたい設定ガイド
fc2ブログ

夏のエアコンは「ドライ」「冷房」「送風」のどれがよい? 知っておきたい設定ガイド

夏を快適に過ごすために使うエアコン。でもその設定で「ドライ」「冷房」「送風」のどれが最適なものなのか意外とわからないもの。そもそも機能も大きく違います。エアコンの効果的な使い方を夏本番を迎える前にチェックしましょう。

「ドライ」「冷房」「送風」の機能の違い
冷房機能は室内の暑く湿った空気を室外へ送り、冷たく乾いた空気を室内に戻すことができます。したがって、室内温度を下げることが最優先されます。

ドライ機能は微弱な冷房運転を行いますが、室内温度を下げるのではなく湿度を下げることが最優先されます。空気は温度が高いほど水分を保持する量が増えます。したがって、水分量が減ると必然的に温度も下がります。

では、「冷房運転と何が違うの?」という疑問を抱かれるかもしれませんが、前述のとおりドライ機能は室内湿度を下げることが最優先され、湿度が下がるので結果的に室内温度も冷房運転ほどではありませんが温度も下がります。しかしながら、冷房運転のような冷え方には及びません。

送風機能は室内の空気を温度や湿度を変化させずに循環させることができます。送風機能の必要性に疑問を抱かれるかもしれません。しかし、送風機能は非常に有効な活用方法があります。じつは、閉めきった室内の空気を動かすことは容易ではありません。温度の高い空気は室内の上にあり、温度の低い空気は室内の下にあります。送風機能を用いて室内の空気を循環させてみてください。体感温度を変化させることができます。冷房を付けるほどではないけれど少し暑いなというときに適した機能といえるでしょう。

また、冷房運転を終える際に1時間ほど送風運転を行うとエアコン室内機の内部に溜まった水分を蒸発させてカビなどの繁殖を抑えることにも一役買ってくれます。

梅雨のジメジメ時に最適な設定は?
真夏を迎えていない梅雨の時期に冷房運転にすると室内温度が予想以上に下がってしまいます。湿度の高い梅雨の時期には「ドライ機能」を活用しましょう。

夏本番、高温のときにおすすめの設定は?
冷房運転は「自動運転」こそが効果的な運転方法です。取扱説明書を熟読のうえメーカー各社の技術力が結集した「自動運転」を推奨します。

冷房時の注意点として、環境省は地球温暖化対策も考慮のうえ冷房機能を活用する際の室内温度を28度としています。さらに、体感温度を左右する6つの温熱環境要素があり「代謝量」「着衣量」「気温」「熱放射」「気流」「湿度」と案内されています。

例を挙げれば、薄着にすることで体感温度は下がります。もちろん、設定温度28度はあくまで目安なので、かならず28度にしなければならないわけではありませんが、温熱環境要素を連携させて必要以上に室内温度を下げることは控えましょう。

寝苦しい夜におすすめの設定
蒸し暑い夜は、「ドライ機能」につきると思います。湿度が下がりますので、寝汗も乾いて寝苦しさは軽減するでしょう。さらに室内の空気を循環させるためにサーキュレーターとの併用がおすすめです。サーキュレーターの風向は身体に当たらないよう注意しましょう。ドライ運転を行うことで室内の温度も下がりますが、温度ムラが生じる可能性は否めません。この懸念をサーキュレーターが補ってくれます。

冷房能力を向上させるならメンテナンスも重要
冷房に限らず「自動運転」こそがすべてにおいて効果的であり最適な運転方法ということを認識しておきましょう。最新のエアコンであれば「自動運転」にはAIが加わり、住宅や生活スタイルまで分析のうえ節電対策まで行ってくれる製品もあります。

とはいえ、メンテナンスフリーと認識されることは御法度です。フィルター掃除ロボットを搭載するエアコンであっても真夏のフル稼働時などには2週間を目安にフィルターのお掃除を行いましょう。冷房能力を向上させるだけでなく、省エネ効果にもつなげられます。
関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ