あなたの健康はお金で買えますか・・・? 高齢の親がいる人は必読!「グループホーム」と「老人ホーム」はどう違う?
fc2ブログ

高齢の親がいる人は必読!「グループホーム」と「老人ホーム」はどう違う?

親のためや自分のために、誰しも考えなければならない「グループホーム」や「老人ホーム」。どちらも高齢者が入居する場所ですが、2つの内容は少々異なります。

老人ホームの中でも「特別養護老人ホーム」は入居待ちのことが多く、これからの超高齢化社会に向けて施設不足が懸念されます。

「グループホームと老人ホーム」、2つの違いが分かりますか?

■自立、要介護、認知症の進行などにより最適な施設が異なる

「グループホーム」とは、認知症高齢者が介護スタッフと共に少人数のグループで生活するホームです。介護保険法での正式名称は「認知症対応型共同生活介護」といいます。

グループホームは認知症の進行を遅らせることが目的です。自分でできることは行いながら皆で協力して日常生活を送ります。入所に必要な条件は、認知症であるという医師の診断、「要支援2」以上の認定、その地域に住民票があることなどです。

入居定員は2ユニットで18人までと定められています。ユニットとは入居者の個室と食堂や居間などの共同生活空間を合わせたものを指し、1ユニットの人数は5~9人とされています。

一方、「老人ホーム」とは、高齢者が専門スタッフの支援を受けながら生活する施設です。老人ホームの種類は多く、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、軽費老人ホーム、民間事業者が運営する有料老人ホームなどがあります。

養護老人ホームは、経済的に厳しく自宅で生活を続けることが困難な高齢者が対象で、特別養護老人ホームは、常時介護を必要とする高齢者が入所対象となります。

6月に届く「年金振込通知書」 捨ててはいけない3つのケース

■解答:「グループホームと老人ホーム」の違いとは……

「グループホーム」とは認知症高齢者が集団生活を送る家庭的な家で、「老人ホーム」とは高齢者が支援を受けながら暮らす施設の総称です。なお、入居条件を満たしていても空きがない場合は入居待ちになります。

文/編集・dメニューマネー編集部

関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ