あなたの健康はお金で買えますか・・・? 梅干しは一日何粒が適量? 「三毒を断つ」と呼ばれたその殺菌力 体の酸性化対策にも
fc2ブログ

梅干しは一日何粒が適量? 「三毒を断つ」と呼ばれたその殺菌力 体の酸性化対策にも

梅の実が熟して旬を迎える梅雨の時期。みずみずしい青梅や、少し黄色に色付いた梅などが店頭に並びます。またこの時期は、梅干しや梅シロップ、梅酒などを作る「梅仕事」の季節です。古くから日本人の暮らしを彩ってきた梅。その栄養などについて、栄養士の和漢歩実さんに話を伺いました。

◇ ◇ ◇

梅はいつから日本に? 梅干しは武士の兵糧食に

梅は中国原産の植物とされていますが、日本在来種が存在するとの説もあるようです。縄文時代終わり頃の遺跡や奈良時代の平城京跡では、梅の種が見つかっています。

梅は観賞用として楽しまれていました。「万葉集」には梅にまつわる歌が多く、古くの花見といえば桜ではなく、可憐な梅の花を愛でていたともいわれています。平安時代の中頃になると、貴族の間では実が薬として用いられたようです。

やがて梅の効能が知られると、武士の兵糧食として梅干しが重宝されました。庶民に広がったのは江戸時代に入ってから。梅干しのシソ漬けが普及した他にも、砂糖漬けや甘露煮など多くの保存食が作られるようになり、食文化として根付きました。

また梅干しは縁起物としても扱われました。梅干しと昆布、黒豆などに熱いお茶を注いだ「福茶」を正月や節分、お祝い時などに飲む習わしが、京都を中心とする関西地方などで今も受け継がれています。

梅の実といってもさまざま 主な種類は

梅干しや梅酒を作る「梅仕事」ができるのは6月頃。梅の種類はたくさんありますが、一年でこの時期だけ出回る季節ものです。主な梅の種類をご紹介しましょう。

○小梅

硬く緑色の小さな梅。シワがないカリカリ梅を作るのに向きます。旬の時期は通常の梅よりやや早めで、市場には最初に出回ります。

○青梅

未熟なうちに収穫され、緑色の大粒で硬いのが特徴です。中毒を起こす可能性があるアミグダリンという成分を含むので、生食はしないこと。梅酒や梅シロップなどに向き、水に浸してアク抜きをしてから、ヘタを取って使います。

○完熟梅

青梅が黄色く熟し始めてから収穫されたもので、桃のような甘い香りが特徴です。硬さはやや残りますが、梅ジャムや塩漬けの梅干しをおいしく作ることができます。ふっくらとやわらかな梅干しを作りたい時は、黄色くなるまで風通しの良い冷暗所で追熟をしても良いですが、傷みやすいので注意。

○超完熟梅

自然落下するまで熟したもの。黄色くやわらかいのが特徴です。香りがフルーティで、甘味を感じるものが多いでしょう。梅ジャムやシソ漬けがおすすめです。

注目すべき梅の栄養とは 梅干しは塩分に注意

「梅は三毒を断つ」ということわざにある三毒とは、水毒と食毒、血毒を指したといわれています。こうしたことわざが生まれるほど、梅干しの殺菌力は古くから注目されていました。その理由は含まれる成分にあります。

○カリウム

カリウムは余分なナトリウムや水分を排出する働きがあるため、水毒に対する効果が期待できるといえるでしょう。

○クエン酸

酸味の主成分であるクエン酸には、疲労回復効果の他にも抗菌作用があるため食中毒の予防に役立ちます。また消化酵素の分泌を高めるため、消化吸収を助ける働きがあり、食毒に対する効果が期待できます。

○アルカリ性

肉や魚などの酸性食品ばかりを食べたりストレスを感じたりすると、体内が酸性化することによってさまざまな不調が現れるといわれています。梅干しはアルカリ性食品ですから、酸性化した体を中和する働きで血毒に対する効果が期待できます。

この他にも抗酸化作用を持つビタミンエース(ACE)こと、ビタミンCとEも豊富。しかし塩分でみると、昔ながらの無添加の梅干しは20%程度もあります。市販されているものは3~10%で、ハチミツなどが添加されているものは比較的塩分は低いものが多ようです。

仮に梅干し1粒10グラムの塩分が10%とすれば、1粒の塩分量は1グラムになります。日本人の食事摂取基準2020年版では、食塩の摂取目標が成人男性で7.5グラム未満、成人女性で6.5グラム未満。塩分の摂りすぎは高血圧をはじめ、その他の生活習慣病の要因になる可能性がありますから、梅干しは一日1粒程度が良いでしょう。

和漢 歩実(わかん・ゆみ)

栄養士、家庭科教諭、栄養薬膳士。公立高校の教諭として27年間、教壇に立つ。現在はフリーの立場で講師として食品学などを教える。現代栄養と古来の薬膳の知恵を取り入れた健やかな食生活を提唱。食を通して笑顔になる人を増やす活動に力を注いでいる。

関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ