あなたの健康はお金で買えますか・・・? 若々しさの鍵はボリュームにあり。髪の立ち上がりは簡単に作れる。
fc2ブログ

若々しさの鍵はボリュームにあり。髪の立ち上がりは簡単に作れる。

撮影・天日恵美子(モデル)、久々江 満(商品) スタイリング・白男川清美 ヘア&メイク・面下伸一(FACCIA) モデル・石井たまよ 構成&文・入江信子

若々しさの鍵はボリュームにあり。気になる部分をカバーする方法を、ヘア&メイクアップアーティストの面下伸一さんに聞きました。

ふわり、エアリーな髪が若さを連れてくる。

© クロワッサン オンライン

髪にボリュームがあるだけで、顔は溌剌として見えるもの。

「ボリュームを出すには、土台=ブローの段階で髪の根元から立ち上げることが肝心です。土台がしっかり作られていれば、時間が経ってもつぶれにくくなりますから」と面下伸一さん。

髪に空気を含ませ、根元中心にドライヤーを当て、きちんと癖づけ。するとスタイルの完成度は大きく違ってくる。

「とはいえ、ボリュームばかりを意識していると、頭が大きく見えてしまうことも。あくまで髪型全体のバランスを考えてスタイリングします。

頭頂部はボリュームを強調し、首まわりや衿足は控えめにして、メリハリをつけるといいでしょう。また、仕上げに表面に軽くオイルをつけてツヤを加えれば、スタイルが映え、清潔感も演出できます」

立ち上がりは土台=ブローで決まる。

ブローの際には、根元から髪を起こして空気を入れ、根元に重点的にドライヤーを当てるのが鉄則。立体感のあるスタイルを目指して。

© クロワッサン オンライン

(1)ボリュームアップ効果のある、フォーム状スタイリング剤をつける。セミロングの場合、ピンポン球より少し大きい程度の量を取り、髪の根元になじませてから毛先方向に広げる。

© クロワッサン オンライン

(2)サイドの髪を乾かす。髪が生えている向きと逆方向に手でかき上げて流し、根元を中心にドライする。このときドライヤーを下から当てると、よりふわっとする。

© クロワッサン オンライン

(3)後ろの髪をドライする。顔を下に向けて、髪の根元を露出させ、根元から毛先方向にかき上げ、ドライヤーを当てる。髪を逆立てるつもりで乾かすとよい。

© クロワッサン オンライン

(4)ブラシを使ってサイドと後ろの髪をブローする。ブラシを髪に当て、毛流れに逆らうように動かしつつ、根元中心にドライヤーを当てる。少しずつブラシを移動させ、全体をドライ。

© クロワッサン オンライン

(5)前髪をブローする。ブラシで髪をすくって立ち上げ、根元にドライヤーを当て、内巻きにする。この部分が立ち上がっていると、若々しく見えるので念入りに。

© クロワッサン オンライン

(6)毛先を巻く。根元のふくらみをつぶさないよう注意しながら、少しずつ毛束を取り、先端をアイロンに巻きつける。外巻きだとカジュアルに、内巻きだとエレガントに仕上がる。

(まずは適切なスタイリング剤とブラシを選ぶ。)

© クロワッサン オンライン

細く、ハリのない髪をコートして、根元からコシを与えるスタイリングフォーム。ターメリック、ジンセンなどの植物成分で髪と頭皮に栄養もチャージする。

© クロワッサン オンライン

スタイリングしやすいと、世界中で愛されるロングセラー。ピンの数、間隔が計算されていて、慣れない人も楽に立ち上がりが作れる。セミロングより長い人は大きめサイズ、ショートの人は小ぶりサイズを。

© クロワッサン オンライン

面下伸一 さん (おもした・しんいち)

ヘア&メイクアップアーティスト

FACCIA所属。サロン勤務後、ヘア&メイクアップアーティスト渡辺サブロオ氏に師事し、独立。雑誌、広告などで幅広く活躍中。

『クロワッサン』1068号より

関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ