あなたの健康はお金で買えますか・・・? 気圧の変化で片頭痛など体調不良はなぜ起こる?天気痛ドクターが教えるメカニズムと対策
fc2ブログ

気圧の変化で片頭痛など体調不良はなぜ起こる?天気痛ドクターが教えるメカニズムと対策

「気象病」と呼ばれる、天候が関連している片頭痛などの不調。30年以上も気象病の研究を続ける医師の佐藤純さんは、著書の『1万人を治療した天気痛ドクターが教える「天気が悪いと調子が悪い」を自分で治す本』(アスコム)で、天気と体調、自律神経の関係性についてまとめています。そこで、特に影響を受ける人の多い気圧について、そのメカニズムや不調の改善方法を教えてもらいました。

【写真9枚】気象病の対策におすすめ「耳音熱」や押すべきツボに関する写真など

気圧が体に与える影響は大きい

気圧とは、天気や気象の分野では大気圧(大気の圧力)のことを指し、簡単に言えば空気の重さのことです。高気圧は気圧が高いことで空気が重い、低気圧は気圧が低いことで空気が軽いということです。

1平方メートルあたりにかかる気圧(1気圧)は約10トンと言われます。人間の体の表面積の平均が1.5平方メートルなので、私たちは常に約15トンもの気圧を受けて生活をしているといえるのです。

1気圧は大気圧の国際基準に置き換えると、1013ヘクトパスカルです。これが1ヘクトパスカル下がっただけで、海面は1cm上昇します。

また、高い山に登ると袋菓子などのパッケージはパンパンに膨らみますが、これは山頂に向かうほどに気圧が低くなるため。でも、人間は形が変わりませんよね。これは、気圧と同じだけの力で内側から空気を押し返しているからです。

片頭痛と気圧の関係

1気圧とされる1013ヘクトパスカルから6〜10ヘクトパスカル下がると片頭痛の発症率が上がるという結果が、東海大学の研究グループが片頭痛の患者を対象に行った疫学調査で出ています。台風が通過する際に変化する気圧はだいたい40ヘクトパスカルですが、その数分の1でも人体には大きな影響があるということです。

気圧の変化が大きい場所

実は天候にかかわらず、生活の中で気圧の影響を受けるシーンは多いのです。気圧が大きく変化したり、小刻みに上下したり、という環境に身をおくと、途端に具合が悪くなるケースがあります。

例えば、新幹線はトンネルに出たり入ったりする際に車内の気圧が変化します。私が山陽新幹線の小倉・名古屋間で高低差を測定したときは75ヘクトパスカルもの差がありました。気象病のかたは、気圧変化の影響が少ないグリーン車のある中央付近の車両を選ぶことをおすすめします。

飛行機の場合は離着陸時に大きな気圧差が生じるだけでなく、さまざまな事情から機内の気圧が0.75気圧程度に保たれています。地上とは0.25気圧の差がありますが、これをヘクトパスカルに変換すると、約250ヘクトパスカルにもなるのです。

また、高層ビルでは10m上昇するごとに、約1ヘクトパスカルずつ下がります。エレベーターでの上り下りによる影響はもちろん、高層マンションに住んでいたり、高層ビルの上階のオフィスに勤めたりしている人が体調を崩しやすいというのも、めずらしい話ではありません。

気圧によって体調不良が起こるメカニズム

では、気圧の変化によってどのようなメカニズムで体調不良が起こるのでしょうか。内耳にあるセンサーが気圧の変化を感じ取り、その情報が脳に伝わります。すると、自律神経のバランスが崩れ、頭痛やめまい、肩こり、痛みの悪化、倦怠感などの症状が現れるのです。

内耳のセンサーが敏感な人ほど、気圧による影響を受けやすいということはわかっていますが、どのような条件でセンサーが敏感になるのかは残念ながら解明されていません。しかし、自律神経の乱れを抑えることで、症状を軽くすることが期待できます。

自律神経は体調管理を自動で行うシステム

現代社会の体調不良の多くの原因とも言われる自律神経の乱れですが、自律神経は自分の意志とは無関係に働き、呼吸や消化、血液循環などの働きといった生命活動に関わる役割を担っています。

自律神経には体をアクティブに興奮させる交感神経と、体をリラックスさせる副交感神経の2つがあり、片方が優位なときにはもう片方が抑え気味になるというように対になって機能します。眠っているときは副交感神経が優位になっており、起床と共に交感神経が優位になる状態に切り替わるようになっていますが、このスイッチの切り替えがうまくできなかったり、どちらかに偏っていたりする状態を、自律神経が乱れていると言うのです。

交感神経はストレスを受けて興奮する

交感神経にはストレスを受けたときに興奮し、活発に動き出す仕組みがあり、天候の変化も自律神経のストレス反応に作用することが実験から証明されています。

もともと自律神経が乱れている人は天候の影響が重なり、慢性痛が増幅するということも起こります。

つまり、ストレスや不規則な生活などといった、自律神経の乱れを引き起こす天候以外の要因をケアすることも気象病の軽減につながります。

気圧による気象病に備えた対策

気圧の影響を受けやすい人は耳の血行不良によって、内耳にある気圧を感じるセンサーが敏感になっていると考えられます。ですから、症状が現れるタイミングの前に血行をよくして、内耳のセンサーの感受性を下げることで、気象病の症状を和らげることができます。

「耳温熱」で耳の血行を促進

耳の血行をよくする方法はいくつかありますが、シンプルに耳を温める「耳温熱」なら手軽です。

やり方は、少し湿らせたハンドタオルを耐熱性のポリ袋になどに入れて電子レンジで1分ほど加熱して温めたものか、熱湯200mlと水100mlをホット専用のペットボトルに入れて混ぜ合わせたものを作り、交互に耳全体を温めます。このとき、耳の後ろに位置する「完骨」と言うツボにあてるとよく効きます。

漢方薬と酔い止め薬の組み合わせで対策

内耳の状態をよくする薬として、私が患者さんに処方しているのは、主に漢方薬の五苓散(ごれいさん)と抗めまい薬です。

全身の水分代謝を整える五苓散の作用によって、内耳の血行不良がよくなり、感受性に関わるむくみを解消する効果を得ることができます。抗めまい薬は、「めまい」が内耳に異常をきたす症状であることから、逆説的に投与することで気象病の症状の緩和に役立ちました。

一般的に抗めまい薬は市販品を買うことができませんが、乗り物酔いの症状は内耳の乱れからくるものなので、酔い止め薬で代用ができます。ただし、酔い止め薬も成分はさまざまですので、購入の際には内耳の血行を変えるものや、神経の過興奮を抑えるような成分が入っているものを薬剤師さんと相談しながら選んでください。

痛み止めをのんではいけないということではありませんが、長期間頭痛を放置していることで耳鳴りやめまいなどのさまざまな症状が起こる「脳過敏症候群」に進行してしまう可能性もあるので、鎮痛剤だけに頼らず、根本的な治療をするようにしましょう。

◆教えてくれたのは:天気痛ドクター・医学博士・佐藤純さん

日本慢性疼学会認定専門医。中部大学生命健康科学研究科教授。愛知医科大学客員教授。1983年に東海大学医学部を卒業後、名古屋大学大学院での研究、米ノースカロライナ大学での留学や名古屋大学教授を経て、2005年より愛知医科大学病院・いたみセンターで日本初の「気象病外来・天気痛外来」を開設。30年以上にわたり、気象と痛み、自律神経との関係を研究。2020年にウェザーニューズと共同開発したアプリ「天気痛予報」をリリース。メディア出演も多数。著書に『1万人を治療した天気痛ドクターが教える「天気が悪いと調子が悪い」を自分で治す本』(アスコム)など。

関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ