あなたの健康はお金で買えますか・・・? 年齢よりも老けて見えてしまうシミ 原因と見分け方は?
fc2ブログ

年齢よりも老けて見えてしまうシミ 原因と見分け方は?

長引くマスク生活はシミを作る原因の一つ。鏡を見る度に、くすんだ肌にため息……という人もいるのではないでしょうか。気になっているけれど、正解がどうも分からないという健康や美容の疑問を、辻晋作医師が解説する連載の第8回は「シミ」。シミといっても実はいくつも種類があり、原因も異なるそう。代表的なシミについて教えていただきました。

過剰に生成されたメラニンが蓄積した「日光性黒子」

肌は大きく分けて表皮と真皮の二層構造です。肌の外側にある表皮の一番下に、メラニンを作る工場のメラノサイトがあります。

メラニンは肌や髪、瞳の色を作る色素で、黒褐色系のユーメラニンと黄赤色系のフェオメラニンの2種類があります。その割合で肌や髪の色が決まり、皮膚内のユーメラニンが多いと肌は黒く見えるのです。

メラノサイトは紫外線を吸収し細胞を守る働きがあるため、紫外線を浴びるとメラニンを生成します。肌が健康であればターンオーバーによって排出されるのですが、紫外線の浴びすぎや摩擦などの刺激で過剰にメラニンが生成された場合はそれがスムーズに行われず、蓄積されてシミとなって現れます。これがシミのできる大きな原因です。

この“紫外線によるシミ”は「日光性黒子」と呼ばれています。顔だけではなく腕や首、胸元など、日差しをたくさん浴びた場所に現れ、性別は関係ありません。

境界線がはっきりせず閉経後に消える「肝斑」

気にする方が多いのは、「肝斑(かんぱん)」と呼ばれるぼんやりとした薄茶色のシミです。頬骨を中心にだいたい左右対称に現れ、境界線が不明瞭なのが特徴。はっきりとせず広範囲にできるので、肌がくすんだようにも見えます。

肝斑が現れる世代は、20代から閉経を迎える50代前半。閉経後は消えていく傾向にあります。なぜ肝斑ができるのか、はっきりとした原因は分かっていません。ただ、出産などホルモンバランスが変わる際に増える傾向があり、閉経後に消えていくことから、女性ホルモンと関係があるのではといわれています。

また、紫外線が主な原因であることは確か。日差しが当たりやすい頬骨やアゴの周りに現れやすいからです。アゴの周辺は、コンクリートからの照り返しで気づかないうちに紫外線をたくさん浴びているので、忘れずにUVケアをしましょう。

頬骨にできる肝斑は薄くても目立ちますので、隠したくなりますよね。コンシーラーを塗ってカバーする人が多いと思いますが、塗る時は過度な摩擦を与えないようにしてください。化粧パフやスポンジでこすると摩擦が起きて、肌に刺激が加わります。この刺激もメラノサイトを活性化させてメラニン生成を促します。

ですから、マスクでこすれやすい頬骨は肝斑ができやすく、濃くなる可能性も。できるだけ触らないように心がけましょう。

遺伝性のものが多い「そばかす」

浴びる紫外線の量に関わらず現れてしまうのが「そばかす」です。これは「雀卵斑(じゃくらんはん)」と呼ばれ、ほとんどが遺伝性で、8歳頃から現れます。思春期を迎える頃に濃くなり、徐々に目立たなくなる場合も。

小さく薄い斑点で目立たないものもありますが、紫外線対策をしないと濃くなる可能性が高いのでUV対策は忘れずに行ってください。摩擦などの刺激を避けることも大切です。

肝斑と区別が難しい「ADM」

誰にでもできる日光黒子や、子どもの頃から鼻を中心にした位置に現れるそばかすは肝斑と見分けがつきやすいのですが、現れる位置が似ている「ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)」は医師でも見分けが難しい場合があります。

肝斑と異なるのは、肌の深い層である真皮にできることです。頬骨やこめかみなど、できる場所は同じなのですが、肝斑に比べて丸いシミがぽつぽつとできます。色も茶色というよりは青黒く見えるのが特徴です。20代と40代で発症することが多いのですが、原因ははっきりと分かっていません。

ざらつきや膨らみがあるシミには要注意

日光黒子、肝斑、そばかす、ADMは急激に悪化してがん化することは、ほぼありません。ただし、シミと似ている「脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)」は、注意が必要です。「老人性イボ」とも呼ばれる皮膚の老化で、薄い茶色から黒色で表面がざらざらし、膨らみがあるのが特徴です。

突出しているので、引っかいたりすると血が出たりすることも。繰り返し引っかいたり、刺激を与えたりするのは危険です。色が濃くなってきた、膨らみが大きくなってきたなど、変化があったら皮膚科を受診しましょう。まれに悪性化することもありますし、老人性イボだと思っていたら悪性腫瘍だったということもあります。

「他のシミとの区別がつかない、悪性かも……」と不安な時はそのままにせず、医師の判断を仰ぎましょう。病院は異常を見つけ、治療するだけでなく、何もなかったという安心を得る場所でもあります。

簡単ではありますが、それぞれの特徴をお伝えしました。日光黒子やそばかす、肝斑の原因は紫外線がその一つですが、治療法はそれぞれ異なります。詳しい治療法については、次回お話ししましょう。シミの有無に関わらず、紫外線対策は怠らずに続けてくださいね。

辻 晋作(つじ・しんさく)

1974年1月17日生まれ。東京大学医学部卒。帝京大医学部形成外科、埼玉医科大形成外科、東京女子医科大非常勤講師として勤務しながら、28歳で美容医療の「アヴェニュークリニック」開業。42歳で再生医療専門の「アヴェニューセルクリニック」開業。医学博士、日本専門医機構認定形成外科専門医、日本再生医療学会再生医療認定医、「アヴェニューセルクリニック」再生医療統括医師。著書に「あなたを救う培養幹細胞治療」(集英社インターナショナル刊)、「靴の中に入れるだけ2Gかかとインソール」(主婦の友インフォス刊)、「ひざ痛は治る」(秀和システム刊)がある。

関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ