あなたの健康はお金で買えますか・・・? VIOラインを処理する40代以上の女性 3年で6倍に増加
fc2ブログ

VIOラインを処理する40代以上の女性 3年で6倍に増加

「脱毛時代?」──朝日新聞夕刊の一面にでかでかと載ったその記事には、若者の間で「ケアしないのは恥」といわれるまで、脱毛が当たり前のマナーとなっていることや、それが高齢者にも広がっている現状がレポートされていた(1月15日付)。薄着の季節を迎えるいま、本誌・女性セブン読者を対象に脱毛に関するアンケート(※全国の20~80代の男女1880人が回答、実施期間2021年3月3~9日)を実施。「脱毛をしたことがありますか?」という質問には76%が「はい」と回答した。


アンダーヘアの脱毛率は眉より高い!

 さらに、「どの部分を脱毛している?」(複数回答可)という項目には、1位が「わき」で72%、2位が「すね」で39%、3位が「腕」で32%、4位が「アンダーヘア」で29%、5位が「眉」で25%だった。アンケートによると、多くの読者が脱毛する部位は「わき」「すね」「腕」の“人に見られる部分”だ。しかし、注目したいのは、29%の人が「アンダーヘア」の処理をしている点。人に見られることはまずない部分にもかかわらず、眉の処理以上に気をつけている人が多いことがわかった。


とはいえ約3割と、まだまだ少数派ではある。世間的にもアンダーヘアを脱毛する人は増えているのだろうか。「私のクリニックでアンダーヘア(VIOライン)をセットでレーザー脱毛する40代以上の女性は2017年と2020年で比較して6倍以上増えています。30代未満の女性の半数近くが“ハイジニーナ”(アンダーヘアをすべて無毛にした状態)希望です」とは、美容皮膚科医の慶田朋子さんだ。


 これまでは水着のラインに合わせてVラインだけを処理するか、あるいは女性器まわりのIラインだけ、肛門まわりのОラインだけと、パーツ別に処理するのが主流だったが、最近は、将来の介護を見据えてか、若い世代の潮流に押されてか、V・I・Oすべてを脱毛する40代以上の女性が増えているというのだ。

ああ

選ぶならどれ?脱毛比較表

写真3枚

日本はアンダーヘアの脱毛後進国!?

「そもそも欧米では、衛生的な観点やエチケットとして、 ハイジニーナが主流です。それに比べると、日本はアンダーヘア脱毛後進国。性器を守るために必要な毛だと考えている人も多いようですが、いまは、清潔な下着がその役割を果たしてくれていますから、絶対に必要なものではありません。むしろ生えていることで、経血や尿がついてムレ、においや雑菌の温床となり、衛生的ではないんです」(慶田さん)


 さらに、前述のアンケートでは、「アンダーヘアをどう整えている?」という質問を行った。すると1位が「トライアングル」、2位が「ハイジニーナ」、3位が「扇形」となった。「将来、介護されるとき恥ずかしくないように」「下着からはみ出るとみっともない」などの理由で形を整える人も。アンダーヘア(VIO)すべてを処理したハイジニーナの人は全体の約8%いた。


「介護者に不快な思いをさせたくない」などの理由から、近年注目されているのが介護を見越したアンダーヘアの脱毛。 「アンダーヘアの介護脱毛をしたい?」との質問には40%が「はい」と回答。老後おむつになったとき、介護してもらいやすいように」、すでに済ませた読者からは「解放感がある」という意見もあった。取材・文/村重真紀

※女性セブン2021年4月8日号

脱毛に対してこう思っている

脱毛に対してこう思っている(イラスト/尾代ゆうこ)

関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ