あなたの健康はお金で買えますか・・・? 「キュッと締まったお尻作り」は"伸ばして鍛える"が正解?憧れの美尻をつくる「遠心性収縮トレーニング」
fc2ブログ

「キュッと締まったお尻作り」は"伸ばして鍛える"が正解?憧れの美尻をつくる「遠心性収縮トレーニング」

お尻のトレーニングはたくさんありますが、自己流で行ったり誤った方法で行うと、効かせたい部分ではないところに効いてしまう場合があります。また、トレーニングを行うための身体の準備がまだできていない状態で行うと腰痛やお尻の奥の違和感を招いてしまう可能性もあります。

ある部分を鍛えたい時に、使う筋肉をぎゅっと縮めて鍛える方法だけではなく、引き伸ばして鍛える方法があります。引き伸ばして鍛える「遠心性収縮」では、筋肉の付着部分同士の距離が長くなりながら関節が動きます。

例えば、力こぶを作る上腕二頭筋は肘を曲げた時に短くなり、肘を伸ばす時は急に筋肉が伸びないようにブレーキをかけながら長くなっていきます。

この筋肉の性質に着目して、お尻の表層にある大臀筋を伸ばしながら使うことできれいなお尻を作っていきましょう。

大臀筋は股関節を曲げた状態から伸ばす時に短くなり、股関節を曲げる時に長くなります。今回ご紹介する動きでは、股関節を曲げている側のお尻の筋肉で身体を支えるのを意識して動いてみてください。



憧れの美尻をつくるヨガ|遠心性収縮トレーニング
やり方:

1.腰に手を当ててまっすぐに立った姿勢から、右足を大きく後ろに引く。

2.右足のつま先を立てて右膝を伸ばし、左膝を左のかかとの上まで曲げる。

3.おへそを正面に向けて左右の骨盤をそろえ、両手を天井に上げる。

4.息を吐きながら上半身をゆっくり斜め45度程度に倒してキープする。

5.息を吸ってゆっくり元に戻る。

6.反対側も同様に行う。

ポイント:
腰が丸まるとお尻が伸びないため、背筋を伸ばし股関節から身体を折りたたむように上半身を倒していきましょう。身体を起こす時は腰が反りすぎないようにお腹の力をだらんと抜かないようにします。

身体を倒す時に膝を曲げている方のお尻に効いていたらOKです。体幹や内ももの筋肉も養われていくため、美尻に加えて全身も引き締まっていきますよ。

ライター/高山ゆかり(ヨガ講師)

関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ