あなたの健康はお金で買えますか・・・? 医療保険はムリに入らなくてもいい?流行りの外貨建て保険ってどうなの?入るべき保険と入らなくていい保険の見極め方、教えます
fc2ブログ

医療保険はムリに入らなくてもいい?流行りの外貨建て保険ってどうなの?入るべき保険と入らなくていい保険の見極め方、教えます

生命保険文化センターの「令和3年度生命保険に関する全国実態調査」によると、生命保険(個人年金保険を含む)の世帯加入率は89.8%と、とても高い割合になっています。ほとんどの家庭が何らかの保険に入っていると言えそうな中、公認会計士でお金についての著書を多数持つ金川顕教さんは、「入るべき保険と入らなくていい保険があるので、その見極め方をぜひ知ってほしい」と言いますがーー。

* * * * * * *

【図】入るべき保険、入らなくていい保険の見極め方

保険ではなく貯金で補える場合も

ここでは保険の節約について考えていきます。実際、保険に入っている人は多いですが、多くの人がむだな保険に入りすぎていて、お金が貯まらなくなる一因になっています。

では、どんなときに保険に入ればいいか。「発生確率と損害額」から考えることが大切です。

入るべき保険は「発生する確率が低く、損害が大きい場合」です。

「発生する確率が低く、損害が小さい場合」、それから「発生確率は高いが、損害が小さい場合」、これらの場合は貯金による対応を検討したほうがよいでしょう。「発生確率が高く、損害が大きい」ものにも近寄ってはいけません。

そもそも保険とは、みんなで少しずつお金を出し合って、運悪くトラブルに遭った少数の人にお金を渡す仕組です。ですから高確率で発生するリスクに対しては、保険金をもらう人が多くなるため、本来、保険としての仕組が成り立たないということです。

入らなくていい保険と入るべき保険の見極め方

そういう意味で、あくまで著者が「入らなくていい」と考えている保険のNo.1は医療保険です。がん保険、学資保険、積立型生命保険・養老保険、外貨建て保険、ペット保険、これらも無理をしてまで入る必要はないでしょう。

逆に入るべき保険は「生命保険」「火災保険」「自動車保険」の3つです。なぜなら発生する確率は低く、損害が大きいからです。

生命保険文化センターの調査によると、死亡の場合、40歳男性の死亡率は0.093%ですが、亡くなると数千万円から数億円の損害が出ると試算されています。

また自動車事故で人を死なせてしまう確率や、火災の発生確率もかなり低いのですが、実際に事故を起こしたり、家が燃えてしまったりすると、数千万円から数億円の規模の損害があります。

もちろん住宅価格や周囲の損害額で変わってきますが、低確率、損害大であることには違いありません。

40歳男性が亡くなると1億円を超える損失!

入るべき3つの保険の1つである「生命保険」から説明していきます。

生命保険とは、死亡あるいは高度障害状態になったときに保険金が受けとれる定期保険のことです。10年間、20年間と年満期か、60歳、70歳と歳満期で決めるケースがあります。

なぜ生命保険が必要か。繰り返すようですが、発生の確率は低く、発生すると損害が大だからです。

先述したとおり、40歳男性が亡くなる可能性は0.093%と低確率。しかし40歳で死亡してしまえば、定年を迎えるはずだった65歳まで、単純計算で25年分の年収が失われてしまいます。

dodaエージェントサービスの調査によると、2021年の40歳から65歳までの男性の平均年収は約614万円ですから、25年×614万円=1億5,350万円という計算に。特に家族がいる場合の家計において、これだけの収入がなくなると大打撃です。のこされた家族の人生が狂ってしまうこともあるので、「保険に入ったほうがいい」典型例といえるでしょう。

では、どんな保険商品を選べばいいのか。基本は掛け捨ての死亡保険です。理由は単純、掛け捨てなら保険料が安いからです。

保険料は、まとめて支払うほど安くなる

生命保険文化センターの「令和3年度生命保険に関する全国実態調査」によると、生命保険(個人年金保険を含む)の世帯年間払込保険料は平均37万1,000円。

『公認会計士が教えるお金の増やし方大全』(著:金川顕教/ポプラ社)© 婦人公論.jp 『公認会計士が教えるお金の増やし方大全』(著:金川顕教/ポプラ社)

たとえば、それを月々2,280円のメットライフ生命「スーパー割引定期保険」(30歳男性・死亡保険金2,000万円・保険期間20年)に変えると、年間2万7,360円ですので、単純に比較できないとはいえ、かなり節約できることになります。

また保険料は、まとめて支払うほど安くなります。

年齢や保険期間、保険金額で簡単にネット比較できるので、まずはシミュレーションして、現在加入中の保険と比べてみるとよいでしょう。

よく考えるべき保険は以下

繰り返すようですが、入るべき保険は「起こる確率は低いけれど、起こると損害が大」な事態に対するものです。そう考えると不要となる可能性が高いのは、以下となります。

まず「医療保険」からお話ししましょう。病院にかかる医療費は、そもそも自己負担3割の公的保険が使えて、高額療養費もありますから、わざわざ民間の医療保険に入る必要はないのでは。また保険の大原則からいっても高確率で損害小。

がんは発症すると損害は少ないですが、確率は高いです。ですから「がん保険」も不要かも。貯金から捻出しましょう。

同様にペットの病気も高確率で損害小ですから「ペット保険」も不要でしょう。

「学資保険」は学費を貯めるのによく使われますが、子どもの学費はほぼ確実に発生し、損失は小さい出来事ですから、わざわざ入る必要はないのでは。

しかも利回りが低すぎる、保障が少なすぎる、インフレに対応していない、途中解約で元本割れのリスクがあるなど、デメリットも多いのです。

むしろ学費はしっかりとした資金計画を立てて、貯蓄と投資で対応しましょう。

「外貨建て保険」で備えるのは要注意

老後についても「積立型の生命保険・養老保険」「外貨建て保険」といった保険で備えるより、基本的には貯蓄や投資で対応しましょう。

そもそも保険と貯金は別々に考えるべきです。特に「外貨建て保険」は流行っていますが、手数料が高く、利回りは低いのが現実です。そのうえ為替変動による元本割れのリスクもあります。

くれぐれも販売員の「お金が増やせます」という言葉をうのみにしないようにしましょう。お金を増やせるのは、あなたではなく販売員だけかもしれません。

※本稿は、『公認会計士が教えるお金の増やし方大全』(ポプラ社)の一部を再編集したものです。

関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ