あなたの健康はお金で買えますか・・・? 大人の年齢肌対策!老けた手に見せないためのツヤ肌ハンドケア【植物療法士直伝】
fc2ブログ

大人の年齢肌対策!老けた手に見せないためのツヤ肌ハンドケア【植物療法士直伝】

リンパを流してたるみケア!潤う肌でもっと素敵に#7

実は、顔よりも見た目に年齢が現れやすいといわれる“手”。できれば若々しくありたいですよね。潤い肌ケア特集第7回は、60歳を過ぎた今もしっとり&つやつやの手を保つ植物療法士・池田明子さんに、ハンドケアのポイントを教えてもらいます。

池田明子(いけだ・あきこ)さんのプロフィール
ソフィアフィトセラピーカレッジ校長。西九州大学客員教授。一般社団法人日本フィトセラピー協会代表理事。一般社団法人日本ハンドケア協会代表理事。臨床検査技師として病院勤務の経験からフィトセラピーを学び、2006年東京・自由が丘に「ソフィアフィトセラピーカレッジ」を設立。日常生活から医療、介護分野までフィトセラピーとハンドケアの活用を普及している。夫は俳優の梅沢富美男さん。2女の母。

ハンドケアはこまめな保湿だけでは足りない
年齢を重ねた手肌は弾力がなくなり、シミやシワが増え、実年齢より老けて見えます。最近はこまめにアルコール消毒をするので、よりいっそう手荒れに悩む方は多いでしょう。

手のケアの基本はこまめな保湿ですが、池田さんはそれだけでは足りないと指摘します。

「手が老化する根本原因は血行不良。手浴やマッサージで血流をよくすることが重要です。また、日焼けしやすい手の甲は、紫外線対策も必須。いつもの保湿にこれらを加えれば、手は必ず若返ります」とのこと。

また、「私の母は、ばね指の症状があり、手術をしないと治らないといわれていましたが、毎日ハンドマッサージと『ハルメク』でも紹介されているきくち体操を続けたことで、手術しなくてもよくなったんですよ」と池田さんは言います。

そんな池田さんが実践しているハンドケアとは?

ハンドケアのポイント1:オイルをしっかり塗る
オイルは肌への浸透力が高いのでベタつかず、少量で肌がしっとり柔らかくなります。

塗るのは甲のみ。アロマトリートメントオイルを手の甲に1~2滴垂らし、左右の甲を重ねて全体になじませます。指の間もしっかり、1日に何度も塗ります。オイルは手の大きさや乾燥により量を変えます。

ハンドケアのポイント2:ファンデ&手袋でシミ予防
手の甲にシミができないよう、外出時はUVファンデーションを塗り、指なし手袋をするのが日課。うっかり日焼けを防ぎます。ファンデーションは、コンビニなどで売っている顔用の物を愛用。指なし手袋は年中使うので、たくさん持っています。

ハンドケアのポイント3:ハーブ手浴で温める
手が冷たいときは、ローズ、マロウブルー、ラベンダーを入れたお湯で手浴を。血行がよくなり、くすみが取れて透明感がアップ。保湿効果もあります。

具体的には、ハーブを大さじ1杯ずつ洗面器に入れ、熱湯を注ぎ、3~5分したら差し水をし、手を約10分つけます。ハーブで手の甲を優しくこすり、角質ケアも行います。ハーブ手浴の後は、オイルで保湿します。

これらの他、ハンドマッサージで手のこわばりをほぐすという池田さん。潤い肌ケア特集最終回となる次回は、そのマッサージの方法を詳しくお伝えします。

取材・文=大門恵子(ハルメク編集部) 撮影=中村彰男 

※この記事は雑誌「ハルメク」2021年1月号を再編集、掲載しています。年齢は取材当時のもの。
関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ